「敦賀ファンを増やしたい」 キャンペーン隊、市長に抱負

 

 敦賀の魅力を発信する敦賀観光協会の今年度の観光敦賀キャンペーン隊の4人が2日、敦賀市役所を訪れ、渕上隆信市長に今後の活動に向けた抱負を語った。

 キャンペーン隊は、鯖江市の事務職員、吉本あすかさん(23)と敦賀市のパート社員、平野真由美さん(35)、同市のアルバイト、義崎結さん(21)、同市の会社員、宮前春乃さん(20)。同協会から委嘱され、来年6月30日まで市内外のイベントなどに参加し敦賀をPRする。

 4人はキクの花の絵柄が入った浴衣にたすきを掛けて訪問。「各地に一人でも多くの敦賀のファンを増やしたい」「訪れた人がまた来たいと思ってもらえるような活動に取り組みたい」などと語った。

 8日にある「気比の松原」の海開き式への参加が初めての活動になる。