高校総体“応援パン” 津のコイサンズが県内高校生と共同考案、県産食材使い2種

 

 県産食材を使った「みえパン」を創作している製パン会社「コイサンズ」(津市)は、近く開催される全国高校総体(インターハイ)に向けて県内の高校生と共同で考案した「スポーツ応援パン」4種類を商品化。1日から1カ月間の限定で、「リボンデニッシュ」と「みんな勝つパン!」の2種類を県内10店舗の「513BAKERY」で発売する。

 「リボンデニッシュ」は県立明野高生が考案。県産ブルーベリーソースで新体操のリボンをイメージした巻状のデニッシュ生地に、ブルーベリージャムのクリームを詰めた。1個172円。

 「みんな勝つパン!」は県立伊賀白鳳高生が考案。メンチカツや伊賀越漬、レタス、チーズ、ベーコンなどをベーグルで包み、ボリュームたっぷりに仕上げた。1個410円。

 スポーツ応援パンは県内4校から計10種類が出され、うち4種類を製品化。残る県立四日市農芸高生と、県立久居農林高生が考案した2種類は第2弾として8月に販売する。

 「コイサンズ」は伊勢志摩サミット開催を契機に県と協力し、県産食材を積極的に使った創作パンを計61種類製品化している。