露天風呂、気持ちいい 岡山・湯原温泉のイベントにぎわう - 産経ニュース

露天風呂、気持ちいい 岡山・湯原温泉のイベントにぎわう

 6月26日を「露天風呂(6・26)の日」としている湯原温泉(真庭市)のイベントが今年も同日に開催され、多くの温泉ファンらでにぎわった。
 地の恵みである温泉、入浴客にも感謝する日として制定。31年目の今回も午前6時26分に儀式が始まり、旅館関係者らでシンボルの公営露天風呂「砂湯」を大掃除した。
 また、新たな湯が張られた浴槽には「とうとうの湯」として、地区内10カ所の源泉からくみ取った湯を注ぎ、神酒やショウブの葉も入れて清めた。
 地元園児らが626個の風船を空に放って締めくくった後、待ち構えていた観光客が「開放的で気持ちいい」などと入浴を楽しみ、和太鼓演奏や飲食屋台などで温泉街は終日、お祭りムードに包まれた。
 昨年の開催からは旅館の無料入浴が中止となったが、今年は6月の1カ月間にサービス企画を実施している。