仕分けロボ、無人フォークリフト…豊田織機、大阪に物流PR施設開業 - 産経ニュース

仕分けロボ、無人フォークリフト…豊田織機、大阪に物流PR施設開業

豊田自動織機が大阪府吹田市に開業する「トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪」(同社提供)
豊田自動織機の物流PR施設「トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪」の内部(同社提供)
 豊田自動織機は25日、自動で荷物を仕分けるロボットを用いた物流センターや、無人のフォークリフトが部品を運ぶ生産ラインなどを展示するPR施設を大阪府吹田市に26日開業すると発表した。運送業者やメーカーに最新技術を発信して設備導入を促す狙い。 
 施設名は「トヨタL&Fカスタマーズセンター大阪」で、物流事業のPR施設は千葉県市川市、愛知県高浜市に次ぎ3カ所目となる。
 フォークリフトなど産業車両の国内価格を7月16日に平均3%値上げすることも同時に発表した。鋼材など原材料価格の高騰を反映した。