評価委算定、謙信の愛刀「山鳥毛」5億円超す価値 瀬戸内市、購入資金調達へ

 

 瀬戸内市は、購入する方針を固めている国宝の備前刀「無銘一文字(山鳥毛)」について、その評価額は5億円以上と算定した。所有者の希望価格に達しているため、近日中に行われる予定の売買交渉にも見通しが立った格好だ。

 評価額は、文化財や刀剣の専門家ら5人で構成する評価委員会(委員長=臼井洋輔・県文化審議会長)が算定した。

 山鳥毛は鎌倉時代中期、刀剣の名産地・同市長船地区を代表する福岡一文字派が輩出した最高傑作とされ、戦国武将・上杉謙信も愛用した歴史的価値をはじめ、鑑賞のために多数の来訪者が期待できることから、相当の経済波及効果も加味したという。

 購入資金には市費を充てず、インターネットを通じたクラウドファンディング型(CF)ふるさと納税で調達する方針。

 目標額は、新たな所蔵先となる市立備前長船刀剣博物館のセキュリティー面を強化する改修費、納税者への返礼品なども含めて約12億円の見込みという。

 同市では近く、県内に住む所有者との交渉を本格化させる予定。合意を経てから計上する補正予算案にはCFに向けての業者委託費、ポスターなど広報資材の作製費用なども盛り込む。

 同市では「金額の規模からも海外まで幅を広げてCFを展開したい。購入の意義などの市民向け説明会、シンポジウムも開催したい」(教育委員会など)としている。

 山鳥毛をめぐっては新潟県上越市が3億2千万円の評価額を示したが、所有者と条件が折り合わず、昨年11月に交渉を断念した経緯がある。