ヒグマやっぱりいた 北海道利尻島 無人カメラに林道歩く姿

 
無人の赤外線カメラが捉えたヒグマの姿=15日午後、北海道利尻町(利尻町提供)

 106年ぶりにヒグマの生息が確認された北海道・利尻島で15日、無人のカメラが林道を歩くヒグマ1頭を撮影していたことが利尻町への取材で分かった。5月末に足跡が見つかってから、ヒグマの姿が捉えられるのは初めて。

 町によると、足跡が見つかったことを受け、6月11日に島南西部の4カ所に赤外線カメラを設置した。うち1つが15日午後10時40分ごろ、林道を歩くヒグマの後ろ姿を撮影していた。道森林管理局の職員が、18日に画像を確認した。

 利尻島では5月30日に利尻富士町の海岸でヒグマの足跡が見つかったほか、林道などで糞(ふん)が発見された。最短距離で約20キロ離れた北海道本島から泳いで渡ってきたことになる。

 利尻富士町によると、明治45(1912)年5月24日、対岸から利尻島までヒグマが泳いで渡った直後に町民がおので駆除したという記録がる。