津山の小麦、にっこり収穫

 

 ご当地スイーツ「津山ロール」や「津山餃子」などに使われる津山市特産の小麦の収穫が最盛期を迎えている。作業は18日頃まで続けられ、昨年よりやや多い約300トン以上の収量を見込む。

 同市は、地元農家と連携し、平成20年から小麦の特産化に取り組み、菓子用の薄力粉「ふくほのか」を栽培してきた。

 25年からはパンや麺用の強力粉「せときらら」も加わり、計約110ヘクタールで栽培。県内産の強力粉は、100%が津山産だ。

 同市堀坂の約10ヘクタールで栽培する農事組合法人「アグリ堀坂」では、コンバインが軽快な音を響かせ、1メートルほどに実った黄金色の「ふくほのか」を刈り取っていった。

 収穫された2品種の小麦は、津山農協(JAつやま)の加工場などで製粉され、統一ブランド「津山のほほえみ」として県内で販売される。