玄海4号機再稼働 九電4基目、6年半ぶり - 産経ニュース

玄海4号機再稼働 九電4基目、6年半ぶり

九州電力玄海原発4号機(手前)と3号機
 九州電力は15日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)を16日午前に再稼働させると発表した。東日本大震災後の平成23年12月に定期検査で原子炉を停止して以来、約6年半ぶり。九電にとっては新規制基準で再稼働する原発は川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)と玄海3号機に続き、4基目となる。
 九電は15日に原子炉の核分裂を抑える制御棒の機能検査など、再稼働前の全工程を完了。16日午前11時に、制御棒を引き抜き、再稼働させる。16日深夜から17日未明にかけて核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に達する見通し。20日に発送電を始め、7月中旬に営業運転に復帰する予定。
 九電は25年7月、原子力規制委員会に3、4号機の再稼働に向けた審査を申請し、29年1月に合格した。立地自治体の佐賀県と玄海町は同4月までに再稼働に同意した。
 再稼働時期は九電の当初想定から大幅に遅れたが、燃料コスト低下による収支改善が期待される。九電は3、4号機の再稼働で、月110億円の費用削減効果があると算出している。