8月26日に伊賀市市民花火大会、2年ぶりの夏開催 - 産経ニュース

8月26日に伊賀市市民花火大会、2年ぶりの夏開催

 伊賀市市民花火大会(実行委員会主催)が8月26日に上野運動公園前河川敷で開かれる。昨年は「上野天神祭のダンジリ行事」のユネスコ無形文化遺産登録を祝して秋に開催したため、夏開催は2年ぶり。上野商工会議所が主体となっている実行委は行政からの補助を受けておらず、協賛金などによる支援を広く呼びかけている。
 昨夏は秋との2回開催は資金的に困難なことから、見送られたが、実行委が行ったアンケートでは「花火は夏がいい」「地域活性化のためにも続けて欲しい」などの声が寄せられた。資金や人手不足に苦慮しているが、「次世代を担う子供たちのためにも」と企業や団体などへ委員が足を運び協力を呼びかけ、夏開催を決めた。
 大会は午後8時半から約1時間で、昨年と同規模の1600発を打ち上げる。
 実行委は「企業、団体、個人の方にも協力してもらい、みんなの花火大会にしたい」として協賛金(1口1万円)を募っている。問い合わせは実行委事務局((電)0595・21・0527)へ。