高梁のアニメスタジオがデビュー作 郷土の誇る山田方谷テーマのDVD完成、市HPでも公開

 

 高梁市栄町に今春開設されたアニメスタジオ「備中高梁まちづくり研究所」のデビュー作として、郷土の誇る山田方谷を取り上げたCGアニメ「ほうこくんと学ぼう! 山田方谷のススメ」が完成した。

 同市教育委員会の委託を受け、約300万円で制作。方谷の生誕地(同市中井町)のキャラクター「ほうこくん」が、本物の方谷を小学生に向けて紹介する内容になっている。

 方谷は備中松山藩の重臣で、藩政改革の断行で知られる。貧しかった幼少時から、国を治め平和な天下を保つ「治国平天下」の志を抱いていたことや、真心と慈しみを尽くす「至誠惻怛」の教え、また幕末、明治に活躍した多くの人材を育成するなどした功績が、資料画像なども交えて22分間にまとめられている。

 DVDで市内の市立各学校に配布したのをはじめ、近く市図書館でも貸し出しを始める。市ホームページ上でも公開している。

 同スタジオはアニメーションの学部がある吉備国際大をはじめ、地元を中心とする産学官で設立した株式会社が運営。今後も精力的に新作品を送り出し、スタジオの開設された市中心部の活性化を目指す。