生物講義室に本物の頭蓋骨! 50年前の人骨、事件性なし 鹿児島・鶴丸高「なぜ…?」

 

 鹿児島県立鶴丸高校(鹿児島市)の生物講義室に、本物の頭蓋骨が保管されていたことが7日、分かった。約2年前、標本棚の整理中に見つかり、警察が調べた結果、事件性はないと判断した。約50年前に亡くなった女性とみられるが、教頭は「なぜ学校にあったのか不明だ。理由を知りたい」と話している。

 同校によると、生物担当の教員が平成28年7月、棚の奥から見つけ、人骨の可能性があるとして大学で歯学を教える卒業生に鑑定を依頼した。29年1月に「人骨ではないか」との回答があり、警察に連絡した。頭蓋骨はそれまで、生徒の目に触れていないとみられる。

 警察の鑑定では年齢や身長、体重は分からなかった。頭蓋骨は今年3月に市が火葬し、市営墓地に埋葬した。

 同校は明治27(1894)年に創立した県内有数の進学校。