新幹線長崎ルートFGT導入困難を佐賀県に伝達 - 産経ニュース

新幹線長崎ルートFGT導入困難を佐賀県に伝達

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備方法を検討している国土交通省の寺田吉道官房審議官が、佐賀県庁を訪れ、佐賀県の副島良彦副知事に対し、開発が難航しているフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入が困難との考えを伝えた。全線フル規格やミニ新幹線を含めた3方式の建設費用や効果など試算に関しても説明した。
 整備方法をめぐっては、長崎県や整備主体のJR九州が全線フル規格を要望しているが、佐賀県は財政負担が多額に上るとして反発している。副島氏は会談の冒頭で「フル規格での整備は受け入れられない」と話した。寺田氏は会談後、記者団に、佐賀県が費用負担の増加に難色を示していることを受け、与党の検討委員会などは負担をめぐる議論をしていくとの見通しを示した。
 長崎ルートのうち、武雄温泉(佐賀県)-長崎は着工している。残る佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉間の建設費用について、国交省は、在来線を改良するミニ新幹線では1700億~2600億円、フル規格による整備が約6千億円、FGTが800億~1400億円と試算。このうち採算性はFGTが最も低いとした。