ラッキョウ販売、10億円目指す 鳥取で初荷出発式 - 産経ニュース

ラッキョウ販売、10億円目指す 鳥取で初荷出発式

 鳥取を代表する農産物のラッキョウが収穫期を迎え、28日、「JA鳥取いなば福部支店らっきょう集出荷所」(鳥取市)で「鳥取砂丘らっきょう」の初荷出発式があり、全国に向けて出荷が始まった。
 式には生産者やJA、県・市の関係者らが出席。福部らっきょう組合長会の井手野治会長が「生産者が丹精を込めたラッキョウの出荷が始まった。今年も10億円の販売を目指してがんばりたい」と挨拶。順調な販売を願ってくす玉を開いた後、初荷のトラックが首都圏や関西などに向けて出発した。
 鳥取砂丘らっきょうは、同市福部町で生産者67戸が計115ヘクタールで栽培。今年は1、2月の低温で生育が遅れたが、4月以降は気温が高めで適度な降雨もあったため、平年並みまで回復したという。
 出荷は6月上・中旬をピークに同20日頃まで続く。今年は1578トンの出荷を計画(前年1645トン)。市場出荷の販売計画は8億8千万円で、加工原料用出荷を加え、平成28、29年に続き3年連続で販売10億円突破を目指す。