雪解け水 ひと月だけの水没林 山形 - 産経ニュース

雪解け水 ひと月だけの水没林 山形

山形県飯豊町の白川湖に顔を出したヤナギの水没林。20日ごろまで見ることができるという(森国明撮影)
 飯豊町高峰の白川ダムに飯豊連峰の種蒔山などの雪解け水が流れ込んで増水し、群生するヤナギ林が湖上から生えているように見える「水没林」が不思議な光景をつくり出している。
 「置賜白川の水をせき止めて造ったダムですが、この美しい光景を撮影しに多くのカメラマンが訪れます」
 こう話すのは国交省白川ダム管理支所の岩瀬秀一支所長(54)。昭和42年の羽越水害で起きた洪水を防止するには最上川や支流の水量を調節する必要があると、白川ダムは56年、置賜白川の洪水を防止するために完成した歴史をもつ。岩瀬支所長は「午前6時ごろ、水面から沸き立つ朝靄(あさもや)が幻想的です」と話す。
 白川ダムは水位調整のため徐々に放流が進められるが、水没林は20日ごろまで見ることができるという。