ポピー25万本鮮やかに 霧島連山の裾野、宮崎・生駒高原

 
霧島連山の裾野にある生駒高原で見頃を迎えたポピー=宮崎県小林市

 霧島連山の裾野に当たる宮崎県小林市の生駒高原で、約25万本のポピーが見頃を迎え、家族連れやカップルら観光客の目を楽しませている。標高約550メートルの丘陵地帯約8ヘクタールをオレンジや白色の花が彩っており、関係者は「悪天候の影響もあったが、元気に咲き誇っている。春らしさを味わって」と期待している。見頃は20日ごろまで。

 同県えびの市の霧島連山の硫黄山が4月に噴火し、約6キロ離れた高原からも立ち上る噴気がたびたび確認された。管理会社は一時は閉鎖も考えたというが、緊急時の避難所を確保して安全性をPRし、大型連休中も県内外から計約1万人が訪れた。

 高原で働く広沢和洋さん(39)は「まさにオレンジ色のじゅうたん。春の陽気な気候にぴったり」と自信たっぷりの様子。家族4人で訪れた同県都城市の自営業、三嶋賢司さん(42)は「噴火の影響を心配したが、空気も澄んでいて気持ちが良い。子供たちも喜んでいる」と満足げだった。