「作品の中の空気感みて」 須賀川で松尾敏男展開幕 - 産経ニュース

「作品の中の空気感みて」 須賀川で松尾敏男展開幕

 文化勲章受章者の日本画家、松尾敏男(1926~2016年)の特別展「日本画壇の巨匠 松尾敏男-命の輝きを描く」(須賀川市立博物館主催、産経新聞社企画協力)が12日、同博物館で開幕した。
 “牡丹(ぼたん)画の名手”として知られ、同市の国名勝「須賀川牡丹園」で描かれた作品「雨余(うよ)」「朧(おぼろ)」など計40点が展示される。開会式に出席した日本美術院の那波多目功一代表理事は、「松尾画伯の特徴である、作品の中の空気感をみてほしい」と語った。
 特別展は6月10日まで。問い合わせは同博物館(電)0248・75・3239。