夏以降に打ち上げ大幅延期 北海道のベンチャー企業、不具合調整長引く

初の民間ロケット
小型ロケットMOMO2号機の打ち上げ延期について説明する、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と堀江貴文さん=30日、北海道大樹町

 宇宙ベンチャーの「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)は30日、延期していた小型ロケット「MOMO(モモ)」2号機の打ち上げが夏以降にずれ込むと発表した。29日に判明した機体の不具合に伴う調整作業が長引くためとしている。

 2号機は29日の点検作業で、機体に搭載されているバルブを駆動させるための窒素ガスが漏れていることが判明。同日に予定していた打ち上げを見送り、関連する機器を改修することを決めた。

 早ければゴールデンウイーク中の打ち上げを目指していたが、改修に伴う機体の調整作業が長引くことから、夏以降の大幅な延期を余儀なくされた。当初は28日の打ち上げを予定していた。

 2号機は、民間単独で開発したロケットとして日本初となる宇宙空間への到達を目指している。