全国広報コンクールで「広報うちこ」が総理大臣賞 愛媛 - 産経ニュース

全国広報コンクールで「広報うちこ」が総理大臣賞 愛媛

 平成30年全国広報コンクール(日本広報協会主催)で、愛媛県内子町の「広報うちこ12月号」(広報紙町村部)が各部門を通じた最高賞の内閣総理大臣賞を受賞した。また、広報紙市部では西予市の「広報せいよ10月号」、映像部門では松山市の「子規 松山最後の帰郷 愚陀佛庵で過ごした52日」が、部門別最高賞の総務大臣賞を受賞した。
 コンクールは広報紙、ウェブサイト、映像など5媒体10部門で行われ、計496点が全国から参加。広報紙町村部は32点、同市部は60点、映像には46点の応募があった。
 「広報うちこ」は、水車による活性化を実践している石畳地区を取り上げ、交流活動の模様や地区の暮らしぶりを紹介。内子町はこの10年で総務大臣賞を2回受賞しているが、内閣総理大臣賞は初めて。「広報せいよ」は各地区の地域おこし活動を特集記事で紹介するなど、ともに生き生きと暮らす地域の人々のパワーを強調した内容になっている。