北アルプス・黒部の春景色、車窓から トロッコ電車が運転再開

 

 北アルプスの黒部川沿いを走り、車窓から豊かな自然を楽しめる黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)のトロッコ電車が20日、約5カ月の冬季運休を終え、一部区間で運転を再開した。

一部区間で運転を再開した黒部峡谷鉄道のトロッコ電車=20日午前、富山県黒部市

 再開区間は宇奈月-笹平間の約7キロ。宇奈月-欅平間約20キロの全線開通は5月5日を予定している。営業は11月末まで。

 新緑と山桜が深い峡谷を彩る中、観光客は電車に揺られながらさわやかな春の風を楽しんだ。名古屋市から友人3人と旅行に来た主婦井沢峰子さん(69)は「去年の紅葉がすばらしかったのでまた来ました。今度は黒部の新緑を満喫したい」と笑顔で語った。

一部区間で運転を再開した黒部峡谷鉄道のトロッコ電車=20日午前、富山県黒部市

 黒部峡谷鉄道によると、平成29年の利用者数は、夏場に雨が続いたことなどから、前年比約3万人減の約67万7千人だった。今年は71万人を目標としている。