熊谷守一の生涯たどる 油彩画など190点展示 愛媛県美術館 - 産経ニュース

熊谷守一の生涯たどる 油彩画など190点展示 愛媛県美術館

 愛媛県美術館(松山市堀之内)の開館20年を記念した「熊谷守一 生きるよろこび」展が、同美術館で開かれている。画家、熊谷守一氏(1880-1977年)の油彩画や書など約190点を展示。6月17日まで。
 熊谷氏は猫や金魚、草花など身近な生きものを、明るい色彩と単純化した形で表現する画風で知られる。同展では、生涯をたどるように作品と解説を展示しており、初心者にも親しみやすい。鑑賞に訪れた坂村真民記念館(同県砥部町)の西澤孝一館長は「真民さんも影響を受けた。自分を貫いた作風が魅力」と話した。
 県美術館では、コレクション展「守一から野間仁根へ」を開催しているほか、5月26日、6月16日に土曜講座「モリカズと生きる」を開く。また、同市の映画館「シネマサンシャイン大街道」では5月19日から、熊谷夫妻を主人公とした映画「モリのいる場所」を公開する。