弘前市長選は現新3氏の争い - 産経ニュース

弘前市長選は現新3氏の争い

 任期満了に伴う弘前市長選が1日告示され、いずれも無所属で、新人で元市議の畑山聡氏(63)、新人で元市観光振興部長の桜田宏氏(58)、現職で3選を目指す葛西憲之氏(71)が立候補した。市政の継続か刷新かを争点に激戦が予想される。投開票は8日。
 畑山氏は周辺市町村と連携しながら大企業誘致による市民所得の向上などを掲げ、夢と希望の持てる弘前の実現を訴えている。桜田氏は市職員としての豊富な行政経験を基に、財政状況の厳しさを訴え、市民生活第一の市政を強調。葛西氏は市民主権、産業振興、子育て支援など2期8年の実績を全面に押し出し、市政の継続を訴えている。
 今回の選挙戦は、市議や同市選出の県議の動向に加え、浮動票の獲得も焦点。有権者数(3月31日現在)は14万9618人。
                   ◇
 ◇弘前市長選 届け出順
 畑山  聡 63 元市議   無新  
 桜田  宏 58 元市職員  無新  
 葛西 憲之 71 市長    無現〔2〕