市職員、飲酒運転で停職6カ月 岐阜・多治見市、ハイボール2杯と緑茶ハイ1杯 - 産経ニュース

市職員、飲酒運転で停職6カ月 岐阜・多治見市、ハイボール2杯と緑茶ハイ1杯

 岐阜県多治見市は28日、酒気帯び運転で摘発されたとして、地方公務員法に基づき環境文化部の男性主事(23)を停職6カ月の懲戒処分とした。主事は「自分の考えが甘かった」と反省しているという。市は同日、部下の管理を怠ったとして、同部の男性課長(58)を戒告の懲戒処分とした。
 市や多治見署によると、主事は26日午前0時ごろから、市内の飲食店で友人と飲酒。ハイボール2杯と緑茶ハイ1杯を飲んだ。約3時間後、帰宅するため店から約300メートル離れた路上を乗用車で走行中、パトカーに呼び止められ、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。
 古川雅典市長は「大変遺憾。信頼回復に向け、職員一同全力で取り組む」とのコメントを出した。