工事許可証をPCとスキャナーで不正作成 名古屋市技師、停職処分

 

 名古屋市は28日、職場のパソコンとスキャナーで道路使用許可証を不正に作成したとして、上下水道局の男性技師(31)を停職3カ月の懲戒処分にした。

 市によると、技師は昨年11月、水道管の入れ替えに伴う舗装工事で必要な道路使用許可の申請を忘れていたため、職場で許可証を不正に作成し、業者にメールで送信した。「工事が遅れると業者や関係者に迷惑が掛かると思った」と話しているという。愛知県警が今月23日、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検した。

 また同市教育委員会は、当時16歳の女子高校生にツイッターで裸の画像を送信させたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで岐阜県警に書類送検された同市特別支援学校の男性講師(29)を、停職3日の懲戒処分にした。