「昔は斜古丹島」…福井照沖縄北方担当相が誤った説明を陳謝

 
福井照沖縄北方担当相

 福井照沖縄北方担当相は27日午前の閣議後の記者会見で、北方領土の元島民らとの懇談中に北方領土の一つである色丹島(しこたんとう)に関して「昭和8年まで斜古丹島(しゃこたんとう)と呼ばれていた」と誤った説明をしたことについて、「元島民や関係者の皆さまに改めて深くおわびを申し上げたい」と陳謝した。

 福井氏は25日に北海道根室市で開かれた懇談で、2月の会見で色丹を「しゃこたん」と言い間違えたことを釈明する中で「昭和8年まで斜古丹島だった」と発言した。内閣府によると、8年に色丹島にある「斜古丹村」が「色丹村」へと名称が変わった経緯がある。

 福井氏は「8年まで斜古丹村と呼ばれていたというべきところを、斜古丹島と言い間違えた」と説明し「緊張感を持ってより気を引き締めて職務に専念させていただきたいと思っている」と述べた。