中部空港発着路線拡大に意欲 成田、関西に次ぐ第3の拠点空港に ジェットスター社長

 

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)の片岡優社長は26日、愛知県常滑市の中部空港で記者会見し「中部空港発着の路線を拡大していきたい」と意欲を述べた。同社は21日に中部空港内に整備基地を設置した。

 中部を成田、関西に次ぐ第3の拠点空港とし、客室乗務員や整備士ら約30人の態勢でスタートした。秋までに100人規模に拡充し、3機を駐機する方針だ。

 夜間に中部で整備が可能となり、深夜や早朝の発着など柔軟な運航ダイヤを組めるようになる。中部空港からは札幌、福岡、鹿児島、那覇を結んでいる。