【高校野球】静岡が投打で圧倒 駒大苫小牧を下して3回戦へ - 産経ニュース

【高校野球】静岡が投打で圧倒 駒大苫小牧を下して3回戦へ

5回、静岡・斎藤来音が今日2本目の適時三塁打=24日、甲子園球場(水島啓輔撮影)
静岡先発・春翔一朗=24日、甲子園球場(撮影・甘利慈)
 選抜高校野球大会第2日は24日、甲子園球場で行われ、静岡が3回戦に進出した。2回戦の第2試合で静岡は、春が4安打に封じ、駒大苫小牧(北海道)に7-0で快勝した。
     ◇
 静岡が投打で圧倒した。三回に斎藤の2点三塁打などで3点を先制すると、五回にも斎藤に2点三塁打が飛び出して3点を追加。13安打で7得点を奪った。エース春はテンポ良く投げて凡打の山を築き、被安打4、84球で完封した。
 駒大苫小牧は積極的に打って出たが、確実性に欠けた。大西は静岡打線につかまり、7失点と振るわなかった。
     ◇
 ▽2回戦
静岡(静岡)-駒大苫小牧(北海道)
駒 苫000 000 000-0
静 岡003 031 00×-7
(苫)大西-荻田
(静)春-黒岩