石川・珠洲沖に漂流木造船 船体に数字や文字、北朝鮮船? 県警と海保調査

 

 27日午前8時15分ごろ、石川県珠洲市三崎町小泊沖の日本海で、木造船のようなものが漂流しているのを住民が見つけ警察に届けた。地元の漁船が午前11時40分ごろまでに、近くの漁港にえい航。県警と能登海上保安署が合同で調べている。

 県警や海保によると、船は沖合を漂流していた。長さ約12メートルで、網のようなものが積まれていた。船体に数字や文字が書かれているが、北朝鮮との関連は不明で確認を急いでいる。