ビックカメラが玩具専門店 愛知に初、非家電注力

 

 ビックカメラは20日、玩具を専門に扱う新型店「ビックトイズ」を、愛知県日進市で11月24日に開店すると発表した。既存の家電量販店の一角にビックトイズの売り場を設けた例はあるが、今回は初めての単独出店となる。医薬品や日用品が中心の「ビックカメラセレクト」も11月に東京・原宿に出店し、家電以外にも注力する計画だ。

 ビックトイズは、セブン&アイ・ホールディングスが開業するショッピングモール「プライムツリー赤池」に入る。子どもの学習に役立つ知育玩具やプラモデル、ゲームなどをそろえ、家族客の集客を狙う。

 ビックカメラセレクトは都心の立地を生かし、訪日客の消費を取り込む。今後は、こうした非家電の商品を中心とした新型店を増やすという。