飲酒して運転、出勤中の警官の車に追突 危険運転容疑で男を逮捕 名古屋

 

 飲酒して乗用車を運転し、追突した乗用車の愛知県警の男性巡査部長(48)=同県春日井市=に軽傷を負わせたとして、県警千種署は16日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで名古屋市千種区の飲食店店員の男(22)を逮捕した。同署によると、巡査部長はマイカーで出勤途中だった。

 逮捕容疑は16日午前6時15分ごろ、千種区宮の腰町の県道で、酒の影響で正常な運転が困難な状態で車を運転し、信号待ちをしていた巡査部長の車に追突し軽傷を負わせた疑い。巡査部長の車は弾みで隣車線の前方に停車していた別の乗用車に衝突した。