エアアジア、29日に中部-札幌間就航 毎日2往復

 

 マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアの日本法人エアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は16日、中部-札幌(新千歳)の定期路線を29日に就航すると発表した。毎日2往復を運航。今後、中部-台北など国際線の就航も目指す。エアアジア・ジャパンは中部空港を拠点とする初のLCCとなる。

 航空券は17日から販売。22日までの予約では、来年3月24日までの便が片道5円で搭乗できる特別セールの席を用意する。1便当たりの席数は非公開。通常時の最低運賃は4190円とし、希望の座席を指定する際などは追加料金がかかる。

 エアアジア・ジャパンは平成27年中の運航開始を目指したが、安全管理の整備や乗務員の訓練などに時間がかかり延期を繰り返していた。同社には楽天やスポーツ用品のアルペンが出資している。