PR

平昌五輪 平昌五輪

【羽生選手凱旋パレード】世界の王子に熱狂 前日から場所取り 「顔小さい」

Messenger

 フィギュア王国のロシアから、仕事で東京を訪れていたタチアナ・アレクサンドロブナさん(31)は昨年のグランプリシリーズのロシア杯をモスクワで観戦したという。この日、改めて羽生選手を見ようと仙台へ。「ロシア杯は2位で悔しかったと思うが平昌ではパーフェクト。きょうの姿を見て、ファンや国民を大切にし、愛していると感じた。(皇帝と呼ばれた)プルシェンコの次は羽生が世界の王子」と語った。

 仙台市太白区の会社員、鈴木理恵子さん(46)は「顔が小さく、金メダルが大きくてびっくりした。早くけががよくなってほしい」、長女の咲織ちゃん(5)は「結婚したい」と大喜びだった。

 名古屋市から夫婦で訪れた会社員、水野譲さん(45)は、浅田真央さんら多くのスケーターを輩出した名古屋スポーツセンター近くに住んでいるという。

 「羽生選手はスケートの魅力を全身で世界中に伝えている。パレード中に後ろから太陽を浴びている姿を見て、いつまでもみんなの希望の光でいてほしいと思った」と語った。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ