PR

平昌五輪 平昌五輪

【スポーツ通信】パラ界の“レジェンド”スキー距離の新田佳浩 金メダル支えた日本の職人たち

平昌冬季パラリンピックのスキー距離男子10キロクラシカル立位で手にした新田の金メダルには、日本の職人たちの技が隠されていた(共同)
Messenger

 平昌パラリンピックで日本は、前回ソチ大会の6個を上回る10個(金3、銀4、銅3)のメダルを獲得した。ノルディックスキー距離男子立位では、1998年長野大会から6大会連続出場を果たしたパラ界の“レジェンド”、新田佳浩選手(37)=日立ソリューションズ=が金銀2つのメダルを獲得。2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来8年ぶりに頂点に返り咲いた陰には、日本の職人たちの技があった。

 自然の中を滑るノルディックスキーでは、天候や気温によってめまぐるしく変わる雪質に合わせたスキー板やワックスの選定がタイムを大きく左右する。日本代表の荒井秀樹監督は前回の14年ソチ大会後、「日本の技術力で選手たちをサポートできないか」と考え、各界の職人たちを結集させた。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(本社・千葉市)のスポーツ気象チームは、1年前のプレ大会からチームをサポートしてきた。平昌パラリンピックでは浅田佳津雄チームリーダー(TL)ら4人が現地入りし、コース付近の雪上や雪中の温度、雪の固さなどを観測。プレ大会で得たデータも参考にしながら気温や風向き、雪質を30分ごとに予測し、試合前日と試合当日の早朝に情報を提供した。浅田TLによると、気象会社によるサポートは「世界でも珍しい取り組み」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ