PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌五輪】LS北見、地元でパレード 1万2千人が快挙たたえる

地元の北海道北見市でパレードする、平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の(右から)吉田夕梨花、藤沢五月、本橋麻里、鈴木夕湖、吉田知那美の各選手=21日午後
Messenger

 平昌冬季五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得したLS北見の選手5人が21日、地元の北海道北見市で祝賀パレードに参加した。快挙をたたえようと、市発表で約1万2千人が沿道に詰め掛け、選手らはトラックの荷台から笑顔で手を振って声援に応えた。

 五輪のカーリングでのメダル獲得は、日本勢で初めて。銅メダルを首に掛けた主将の本橋麻里選手(31)やスキップの藤沢五月選手(26)らが中心部の商店街をトラックで移動。祝福する市民にメダルを掲げた。北見市の小学5年、大久保沙良さん(11)は「北見からメダリストが出たのは名誉なこと。選手はきれいだな」と憧れを口にした。

 その後、選手5人は市民会館で開かれた報告会に出席。辻直孝市長から市民特別栄誉賞を授与され、「応援が力になった」と口々に感謝を伝えた。吉田知那美選手(26)は、五輪でフィーバーで競技以外の部分が注目を集めたことに戸惑いもあるとし「選手として評価していただけるように頑張りたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ