産経ニュース

【主張】平昌パラ閉幕 情熱の力を見せてくれた

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【主張】
平昌パラ閉幕 情熱の力を見せてくれた

平昌パラリンピックの閉会式。会場は熱気に包まれた=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影) 平昌パラリンピックの閉会式。会場は熱気に包まれた=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)

 障害のある選手の高い身体能力と、器具を使いこなす技量に目を見張った10日間だった。

 平昌パラリンピックで日本は金3、銀4、銅3の10個のメダルを獲得した。前回のソチ大会(6個)を上回る健闘を心からたたえたい。

 とりわけ金メダリストの奮闘は、情熱の力を教えてくれた。

 アルペンスキー女子座位で金1個を含む5個のメダルを獲得した村岡桃佳選手は、幼少時から車いす生活を送ってきた。高校2年で出たソチ大会の後、世界レベルの選手を対象とする早稲田大のトップアスリート入試に合格した。

 早大スキー部は当初、入部に難色を示したが、「仲間と競い合って自立していきたい」という村岡選手の熱意をくみ、受け入れている。大学構内のエレベーター設置や選手寮の改修は、OBの寄付などで実現したという。大学で実を結んだ「共生」は、日本の社会で大切にしたい財産だ。

 スノーボード男子の成田緑夢(ぐりむ)選手は、五輪を目指したトランポリンの練習で左膝から下が麻痺(まひ)するけがを負っている。

続きを読む

「平昌五輪」のランキング