PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】「東京」追い風、強化策は成果も…選手層の壁なお

Messenger

 戦傷者のリハビリの一環として始まったパラリンピックは回を重ねるごとに参加国・地域が拡大し、スポーツイベントとしての価値も高めてきた。その一方で、ドーピングや、障害の程度を重く見せかけ有利なクラスで出ようとするなどの不正も生んだ。

 国際パラリンピック委員会が掲げる「共生社会の実現」には、日本でも理解が広がりつつある。早大スキー部が、村岡の入部を機に寮をバリアフリー化したのはその好例だ。

 パラ選手の活躍は、障害者の社会参加を促す大きなきっかけになる。選手強化に加え、「共生」の意識をさらに浸透させることも東京五輪・パラリンピックまでの重要なテーマとなる。(川峯千尋)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ