産経ニュース

【平昌パラ】「東京」追い風、強化策は成果も…選手層の壁なお

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌パラ】
「東京」追い風、強化策は成果も…選手層の壁なお

閉会式で記念撮影する日本選手団ら=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影) 閉会式で記念撮影する日本選手団ら=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)

 日本は10個のメダルを獲得し、前回ソチ大会の6個を上回った。2013年9月に20年東京大会の招致が決定した後、加速した強化策の成果が表れたといえる。

 17年度の国からの強化費は約12億8000万円。13年度の約5億1000万円から倍以上増えている。日本障がい者スポーツ協会のスポンサー数も、招致決定前の4倍になった。大日方邦子選手団長は「合宿回数や行き先の選択肢が増えた」と官民の支援に感謝する。

 メダルの内訳をみると、半数の5個はアルペンスキー女子座位の村岡桃佳(早大)が獲得。メダリストは4人しか生まれなかった。手厚くなった強化策が、選手層の厚さにつながっているとは言い難い。

 世代交代も課題で、国内競技人口約40人のパラアイスホッケーは、代表の平均年齢が41.9歳だった。20代が主力の米国に1次リーグで0-10と大敗した後、DF上原大祐(日本電気)は「強化と普及を両方上手にやっているかどうかの差」と語った。日本福祉大の藤田紀昭教授(障害者スポーツ論)は「地方に拠点を置く選手は国立スポーツ科学センターなどを活用しきれていない」と課題を指摘する。

続きを読む

「平昌五輪」のランキング