PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】教訓、東京の糧に 輸送のバリアフリー工夫 競技会場への集客に課題も

Messenger

 都職員は「大会を通じてバリアフリーを波及させるため、正しい情報を街中に伝えていくことの重要性を実感した」。

 観戦チケットの売り上げは冬季大会としては過去最高を記録。国際パラリンピック委員会(IPC)の発表では12日までに32万531枚に達し、ソチ大会の31万6200枚を超えた。

 閉会式のスタンドはほぼ満席で熱気に包まれたが、競技種目によって空席が目立った事実も否めない。自治体や大企業が大量購入したものの、来場につながらなかったとの指摘がある。

 東京大会も集客が課題の一つとなりそうだ。昨年9月に都が東京大会に関して実施した調査では、57・1%が障害者スポーツに「関心がある」と回答したものの、パラリンピックを「競技会場で直接観戦したい」と答えたのは18・9%にとどまった。

 「見どころやアスリートのすごさを伝える工夫を重ねていきたい」。都幹部はそう意気込む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ