産経ニュース

【平昌パラ】教訓、東京の糧に 輸送のバリアフリー工夫 競技会場への集客に課題も

平昌五輪 平昌五輪

記事詳細

更新

【平昌パラ】
教訓、東京の糧に 輸送のバリアフリー工夫 競技会場への集客に課題も

平昌冬季パラリンピックの閉会式で日本選手団の旗手を務める村岡桃佳(中央)=18日(共同) 平昌冬季パラリンピックの閉会式で日本選手団の旗手を務める村岡桃佳(中央)=18日(共同)

 パラアスリートたちが躍動した平昌パラリンピックが18日、幕を閉じた。山間部での大会運営で輸送のバリアフリーに工夫を凝らす一方、認識不足などから段差解消の効果が十分でない対策も散見された。冬季大会としては過去最高のチケット販売を記録し、閉会式のスタンドは人で埋まったが、競技会場では空席も目立った。東京大会に向け、教訓が残された。(平昌 高久清史)

 ■情報にバリア

 18日、江陵オリンピックパークに近い江陵駅前。バリアフリーに力を入れる小池百合子・東京都知事は車いすで乗り込めるスロープ付きの車の説明を受けた。運転手は「目が見えない人、歩けない人も利用でき好評だ」と胸を張った。

 山間部に会場があるパラリンピックで大会運営のカギは、輸送に関するバリアフリー。平昌大会の組織委員会はスロープ付きの車、低床バス、リフト付きのバスなどを組み合わせ、移動手段を確保した。

 例えば、バイアスロン会場用にスロープ付きの車が10台程度待機。バスなどで近くにきた車いす利用者らをピックアップして入り口まで輸送した。東京大会の組織委員会や都の職員は「システム化されている」などと評価するが、周知が十分でない面もあった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 教訓、東京の糧に 輸送のバリアフリー工夫 競技会場への集客に課題も

「平昌五輪」のランキング