PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】スノボの成田緑夢が1回目トップ バイアスロンの新田のんのは13位

男子バンクドスラローム下肢障害で滑走する成田緑夢=16日、平昌(共同)
Messenger

 平昌冬季パラリンピック第8日(16日)スノーボードは3回の滑走でベストタイムを競うバンクドスラロームを実施し、男子下肢障害でスノーボードクロス銅メダルの成田緑夢(近畿医療専門学校)が1回目を終えてトップに立った。大腿障害の小栗大地(三進化学工業)は5位につけ、山本篤(新日本住設)の1回目は失格だった。

 バイアスロンは長距離種目を実施し、女子12・5キロ座位の新田のんの(北翔大)は13位だった。立位には4大会連続出場の出来島桃子(新発田市役所)が臨んだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ