PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】努力積み重ねた最年少ヒロインに輝く笑顔 アルペン大回転「金」の村岡桃佳  

平昌冬季パラリンピックのアルペンスキー女子スーパー複合座位で獲得した銅メダルを手に笑顔の村岡桃佳=14日、韓国・平昌(共同)
Messenger

 開会式で旗手を務めたヒロインが、日本勢として今大会初の金メダルをもたらした。平昌パラリンピック第6日の14日、アルペンスキー大回転で、女子座位の村岡桃佳(21)が念願の頂点に上り詰めた。今大会でのメダル獲得は4個目で、金銀銅の3色がそろうことに。日本選手としては冬季史上最年少の金メダリストにもなり、トレードマークとなった満面の笑顔を雪上に輝かせた。

 ゴールした直後、モニターの順位を確認した。「1」という数字が目に飛び込むと、日の丸がはためく観客席に手を振った。ともに努力を重ねてきた女子立位の本堂杏実(21)が号泣しながら駆け寄ってくる姿をみて、もらい泣きした。「何で私より、先に泣いているのよ」

 続く報道陣の取材時にはいつもの笑顔に。「自分の力だけでは結果を残せなかった」と周囲への感謝の言葉を述べた。

 4歳のとき、外出先で足が重くなり、歩けなくなった。病院で横断性脊髄炎と診断され、車いす生活になった。友達と鬼ごっこをし、隠れても車いすが見えてしまう。鬼は村岡を気遣い、タッチをしない。それが悲しかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ