PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】バイアスロン阿部友里香9位 懸命の走り、故郷に届け 

 バイアスロン女子6キロ立位で9位だった阿部友里香選手=10日、韓国・平昌(共同)
Messenger

 持てる力を出し尽くしたのが、ひしひしと伝わった。ゴールを切ると、雪上に崩れ落ちた。平昌パラリンピックのバイアスロン女子6キロ(立位)で、阿部友里香(日立ソリューションズJSC)は9位。「上位を狙いたかった」とほろ苦さは残った。それでも、懸命に走る姿で東日本大震災からの復興に励む故郷にエールを送ることはできた。

 岩手県山田町出身。出生時の事故で左腕に障害を負い、中学2年で2010年バンクーバー大会をみて、パラリンピックにあこがれた。震災に見舞われたのはその約1年後。家族は無事だったが、津波で自宅を失った。

 先の見えない日々の中、転機が訪れた。進学予定だった地元の高校の始業が遅れ、被災者を受け入れていた盛岡南高へ編入することになったが、同高はスキーの強豪校。ほぼ初心者の状態で入部すると、懸命に取り組み、前回ソチ大会でも代表入り。距離女子15キロクラシカルで8位に入賞した。

 そして迎えた2度目のパラリンピック。故郷は、自宅周辺のかさ上げも終わり再建への道を一歩ずつ進んでいる。埼玉県に住まいを移し、実家に帰る機会は3、4カ月に一度。帰るたびに「新しい町に生まれ変わっていくのを見て、私ももっと前に進まなければ」と突き動かされてきた。

 だからこそ、自身のパフォーマンスで被災地に恩返ししたい思いは強い。次は13日に行われる得意のバイアスロン女子10キロに出場予定。この日は両親らが応援に駆けつけた中、射撃では計10発を全て成功させ、手応えも感じた。「(被災地の方々が)また次の日も頑張ろうと思えるようなパワーあふれる滑りをしたい」。その視線の先には、初のメダル獲得がある。(川峯千尋)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ