PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】複数種目でメダル獲得が有力なアルペン

公式練習するアルペンスキー男子座位の狩野亮=平昌(共同)
Messenger

 複数種目でメダル獲得が有力なのは、アルペンスキーの座位勢だ。男子の森井大輝(トヨタ自動車)狩野亮(マルハン)鈴木猛史(KYB)は前回ソチ大会で計5個のメダルを獲得。スーパー大回転で3連覇、滑降で2連覇に挑む狩野は「注目度や価値を上げることで競技環境がよくなる。そのためにメダルが必要」と静かに闘志を燃やす。森井は3大会連続で銀メダル。悲願の金メダル獲得を目指す。

 新競技に採用されたスノーボードでは男子下肢障害の成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダル最有力候補。今季世界ランク1位で対戦形式のスノーボードクロス、タイムを競うバンクドスラロームで初代王者を狙う。

 ノルディックスキーは距離の男子立位でバンクーバー大会2種目制覇の新田佳浩(日立ソリューションズ)が2大会ぶりのメダルに挑む。昨年、平昌で開催されたプレ大会では10キロで優勝。「4年間やってきたこと、スキーの難しさや楽しさを表現したい」と気負いはない。バイアスロンにも出場する女子立位の阿部友里香(日立ソリューションズ)もメダル獲得を見据える。2大会ぶりに出場するパラアイスホッケーは格上3カ国との対戦を勝ち抜き、1次リーグ突破を目指す。(川峯千尋)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ