PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】「中立選手」のロシア、旗手はボランティア 

Messenger

 国ぐるみのドーピング問題を抱えるロシアから個人資格の「中立のパラリンピック選手(NPA)」として参加する選手らは9日、平昌冬季パラリンピックの開会式に臨む。国旗や国歌は使用できず、パラリンピック旗を掲げて入場。旗手はボランティアが務める。

 開会に先立ち現地入りした選手は他国の選手らと同様に練習を行った。報道担当者は「選手たちはとても前向きに取り組めている」と強調した。

 取材するロシアのメディア関係者は、ドーピング問題の競技への影響について問われると「大丈夫だろう」と選手をおもんぱかった。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ