PR

平昌五輪 平昌五輪

【平昌パラ】脱北者や水着特集選手も パラ選手、経歴や人生も話題

 スノーボードに出場するブレナ・ハッカビー選手=7日、平昌(共同)
Messenger

 困難を克服した選手が集うパラリンピックでは、その経歴や背景も注目の一つ。平昌大会には、「脱北者」から人気雑誌の特集を飾る女子選手まで幅広い選手が出場する。

 パラアイスホッケーの韓国代表で30歳のチェ・グァンヒョクは、北朝鮮出身で路上生活も送ったが、脱北して韓国で代表の座をつかんだ。韓国メディアによると、家族が先に脱北し、駅などでアイスクリームを売って生計を立てていた。2000年に列車から転落。左脚の膝から下を切断する大けがを負った。

 義足の女子スノーボード選手、22歳のブレナ・ハッカビー(米国)は骨のがんを乗り越え、米スポーツ誌の水着特集にも登場した人気と実力を兼ね備えた金メダル候補。米国での注目度も高く「障害があっても何でもできることを示したい。パラスポーツのファンが増えるのは素晴らしい」と歓迎した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ