PR

平昌五輪 平昌五輪

【フィギュア】羽生結弦が世界選手権欠場 2週間の安静と3カ月のリハビリ必要 

男子フリーの演技後、右足首に触る羽生結弦=江陵(共同)
Messenger

 日本スケート連盟は7日、平昌五輪のフィギュア男子で66年ぶりの2連覇を果たした羽生結弦(23)=ANA=が2連覇のかかる世界選手権(21~24日、イタリア・ミラノ)を欠場すると発表した。昨年11月に故障した右足首に痛みを抱えて五輪に臨んだため、今後は休養して回復に専念するという。現役続行の意思は示している。友野一希(19)=同志社大=が代わりに出場する。(サンケイスポーツ)

 羽生は、右足関節外側靱帯(じんたい)損傷、腓骨(ひこつ)筋腱損傷と診断されたことを欠場理由とした。約2週間の安静と3カ月のリハビリ加療が必要となる見込みだ。

 「世界選手権に出場できなくなりましたが、早く復帰できるよう、治療とリハビリをしっかりとし、少しずつできることを続けていきます」と日本スケート連盟を通じてコメントを出した。

 昨年11月の練習中、高難度の4回転ルッツジャンプで着氷に失敗。右足首を痛めた。平昌五輪へ向けて治療したが、氷上練習の再開は今年1月に入ってから。わずか1カ月半の練習で金メダルを手にしていた。帰国後の会見では「痛みは(最も強かったときから)20~30%しか落ちていない。これが五輪でなければ痛み止めを飲んでまでピークを作ることはなく、休んでいた」と明かしていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ