羽生結弦選手「この瞬間にありがとうと伝えたい」 パレード終え会見 - 産経ニュース

羽生結弦選手「この瞬間にありがとうと伝えたい」 パレード終え会見

パレードを終え会見にのぞむ羽生結弦=青葉区の仙台市役所(撮影・蔵賢斗)
パレードを終え会見にのぞむ羽生結弦=青葉区の仙台市役所(撮影・蔵賢斗)
沿道の人に手を振る羽生結弦選手=仙台市青葉区(撮影・土谷創造)
沿道のファンに手を振る羽生結弦選手=22日、仙台市青葉区(林修太郎撮影)
 平昌五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりの2連覇を達成し、地元仙台市でパレードする羽生結弦選手=22日午後
沿道の人に手を振る羽生結弦選手=仙台市青葉区(撮影・土谷創造)
 平昌五輪フィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦選手(23)のパレードが22日、出身地の仙台市で行われた。沿道を埋め尽くした大勢の市民やファンの声援を浴びた羽生選手は、パレード終了後、仙台市役所で記者会見に臨み、「大規模なパレード開いてもらったことを重く受け止め、復興の手助けとなる、きっかけとなる行動ができるように心がけなくてはならないと思いました」と思いを語った。
 羽生選手は市中心部の大通り「東二番丁通」の約1・1キロをおよそ40分かけてパレード。前後左右に手を振りながら、演技の決めポーズもみせていた。
 記者会見では、パレード前と、いまの気持ちを問われ、「たくさんの方がパレードで一目見たい、と言ってくださっていたので、僕自身もわくわくしながら過ごしていました。こうして終えて、改めて仙台に帰ってきたという気持ちもありますし、金メダルの重みも感じたところです」と語った。
 さらに、車上からみた市民やファンの印象を「心に、脳裏に、焼き付いた。これは地元だからこその光景だったと思いますし、自分にしか味わえない気持ちの量だったり質だったり、と思います。そういったものをしっかり、心の中に持ち続けて、これからも過ごしていきたいと思える瞬間でした」と述べ、「この瞬間にありがとうと伝えたい」と語った。