中韓対決、またも中国の失格で韓国に軍配 でも記録1位は世界新のオランダ ショートトラック女子3000メートルリレー

平昌五輪
女子3000メートルリレーで2連覇を果たし、涙を流し歓声に応える韓国=江陵(共同)

 平昌冬季五輪で中国と韓国が火花を散らすショートトラック。20日に江陵アイスアリーナで行われた女子3000メートルリレーで、またしても中国の失格で韓国に軍配が上がり、韓国は今大会4個目の金メダルを獲得した。

 韓国の4つの金メダルのうち、3つがショートトラックで得たもので、同種目を“お家芸”とする韓国は面目躍如の活躍だ。

 一方、これまでの五輪で金9個を量産し、韓国と同様にショートトラックを“お家芸”とする中国は、今大会で失格が相次ぎ、金メダルはゼロ。

 女子リレーこそはと臨んだ20日の決勝は、韓国と最後まで競り合い、2着でゴール。激しい争いだったことから、中国選手らはゴール後、ショートトラックにつきものの「判定」による繰り上げの「金」を期待し、祈るように結果を待っていた。

 ところが、判定によって失格となったのは中国とカナダだった。中国選手らはがくぜんとした様子で、涙を拭う選手もいた。

 金メダルを確信していた韓国選手らは国旗を掲げながら喜びを爆発させ、会場は歓喜に包まれた。

 インターネット上では、中国選手の相次ぐ失格に「韓国の“陰謀”」を疑う声も寄せられており、ショートトラックをめぐる中韓の軋轢(あつれき)はさらに先鋭化しかねない様相を呈している。

 一方、中国選手らが打ちひしがれる裏で、にわかに喜びを爆発させるチームもあった。決勝の直前に行われた5~8位決定戦でトップでゴールしたオランダは、中国とカナダの失格により、繰り上げの銅メダルを獲得した。

 オランダチームの選手らは「信じられない」といった様子で喜びを分かち合っていたが、実は5~8位決定戦で記録したオランダの4分3秒471は世界新記録。金メダルの韓国が記録した4分7秒361よりも4秒ほど早くゴールラインを切っていた。(五輪速報班)