ここ数年の日本におけるタピオカドリンクのブームは、3回目であると言われている。

第一次ブームは1992年頃。当時のエスニックブームに牽引される形で始まった。

第二次タピオカブームは2008年頃。台湾からタピオカチェーンが日本に進出してきたことがきっかけだった。第二次タピオカブームの中、高田馬場の1坪の小さなお店で、タピオカドリンクを提供し始めた男がいる。現在、合同会社カワムラカンパニーで「タピオカ屋」を営む川村雅昭だ。「タピオカ屋」は、18年前に一度閉店したが、2021年に復活し、2022年12月8日に1周年を迎える。今回のストーリーでは、創業前から糀谷駅の店舗を復活させた現在までを語る。

タピオカと出会い、試みた日本への輸入

1996年、食品商社に勤めていた川村は、たまたま入ったあるレストランで、「タピオカ」と出会う。今まで食べたことのない食感と味に、衝撃が走ったと当時の想いを振り返る。「どうやら、台湾から香港へ広まっている食べ物らしい」という情報を聞き、すぐに香港へ飛び立った。降り立つと、50m間隔で、タピオカを販売するお店が並んでいた。しかも、どこで食べても美味しい。決断は早かった。「タピオカを日本で広めよう。この感動を一人でも多くの人に伝えたい。」帰国後、すぐに日本で販売する方法を考え始めた。しかし、輸入するためには、いくつもの壁があった。

「当時、乾燥タピオカは、すでに日本国内の市場に出回っていました。しかし、乾燥したタピオカは茹でた際、うまく戻らなかったり中に芯が残ってしまうことがあります。冷凍あるいは半生状態にすると、食感や味がよくなりますが、当時は輸入することができませんでした。そこで、半年間かけて、味、食感が良くなる加工方法を考え出し、特許(※1)を取得し日本国内に持ち込むことに成功しました。」

※1: J-GLOBAL ID200903005336657722

タピオカ専門卸として独立。そして、高田馬場に「タピオカ屋」を開業

タピオカの輸入に成功した川村は、2001年タピオカ専門の卸業者として独立をした。国内のアミューズメント施設や外食チェーン、大手スーパーなど大手の顧客に卸すことにも成功し会社は順調に成長した。

卸売事業をしていく中で、余ったタピオカを有効活用しタピオカを若者へもっと広めたいという想いから開業を決意した。しかし、なかなか良い物件に出会えず苦戦。

「ある時、祖母のお墓参りの帰り道に寄った不動産屋さんで条件にぴったりの物件が見つかりました。これは祖母が応援してくれていると感じ、すぐに決断することができました。」2002年9月に高田馬場で「タピオカ屋」を始めた。

オープンから1年、苦労した集客とあるスタッフとの出会い

当時、まだまだ珍しかったタピオカ入りドリンク。軌道に乗るまで1年ほどかかった。

特に最初の頃は売上の目算も立たないため、人を採用する事ができなかった。そのため、川村自身が卸売の仕事を続けながら週4日お店に立っていた。しかし初回来店のハードルは高かったものの、リピートするお客様は多かった。コツコツとお店を続けていくうちにお客様は増えていった。

そして2002年、12月に転機となる出会いがあったと振り返る。

お客様の笑顔と「美味しい」「癒される」など嬉しい言葉に川村は支えられた。12月も末に近づいていた頃、常連のお客様の一人から「一緒にもっとタピオカファンを増やしたい。ここで働きたい。」とお申し出をいただいた。ずっと店を応援してくれているお客様からの思いがけないお申し出。すぐに採用を決めた。お客様目線で改善・提案も積極的にしてくれ、更にお客様の喜ばれる店へと変化していった。

             

人材を確保し、営業日数も増やし売上の安定化に成功した。次に、注力したのは商品開発であった。タピオカは、ユニークな食感を持つ一方で、強い個性のある味はない。様々なドリンクと相性が良い。しかし一人で考えていては偏った性別、世代にしか、ウケないアイデアになってしまう。そのため、スタッフからの意見を積極的に取り入れた。約半年で100種類近くのメニューを開発し、最終的に10種類ほどの商品が誕生した。

この時、スタッフの発案で生まれたのが、「タピオカ入り豆腐スムージー」だという。当時の売上ナンバーワンの看板メニューとなった。タピオカ入り豆腐スムージーは、現在も人気メニューの1つとして、多くのお客様に楽しんでいただいている。

店舗が軌道に乗ってきた頃、タピオカの通信販売を始めた。当時、高田馬場ということもあり、よくラジオやテレビに取り上げられた。ネットでの検索も多くあり、通販で良く売れた。特に、5月〜11月頃は学園祭用にタピオカを購入されるお客様が多かった。

第三次タピオカブームの到来と、新型コロナウイルスの流行

2004年、本業である卸売事業のみならず、通信販売事業、店舗販売事業ともに売上を伸ばし続けてきたが、お客様に愛され活躍していたスタッフの退職と、学生スタッフの卒業、自身の都合もあり閉店を余儀なくされた。閉店後、川村は卸売事業と通信販売事業に注力し続けた。

そして2019年頃、第三次タピオカブームが訪れる。当時の様子を振り返った。

「第二次ブームと比べ物にならないくらい、ものすごいブームでした。派遣社員100人を雇い、工場をフル稼働させても、間に合わない状況でした。土日含め朝の4時から夜中まで働いていました。それでも間に合わず、通信販売用のサイトには「品切れ」と表示し、卸売事業に専念をしていました。毎日、休む時間もなかったですがタピオカブームが戻ってきたことが嬉しくて頑張れました。」

しかし2020年頃、日本国内での新型コロナウイルスの流行により、卸事業の売上は大きく下がってしまう。特に、多くの卸先の小さな店舗は閉店してしまった。

18年ぶりに復活した「タピオカ屋」

2021年、大田区の糀谷駅前に「タピオカ屋」を復活させた。

「コロナ禍で卸先のお客さんが提供できない中、少しでもタピオカを消費者に届けたい」という想いからだった。場所は、低価格で提供するために、輸送コストを抑えることのできる工場・倉庫の近くの糀谷を選定した。

今回は店舗のレイアウトや冷蔵庫など設備の選定等、18年前に試行錯誤したノウハウを詰め込んだ。また、お客様を待たせないための券売機の導入や、寒い日に設置するヒーターなど、顧客体験を良くするための投資を行った。

さらに、メニューもこだわりをもって、提供をしている。18年前に誕生したメニューと、時代の変化に合わせた新メニューを組み合わせている。

18年前から変わらず人気なのが、タピオカ入り豆腐スムージーや、マンゴーミルク、抹茶オレです。昔と違って人気があるのが、黒糖ミルクティー。

店舗に立ち続ける理由と想い

国内の工場で作った高品質のタピオカを使い、低価格を維持する努力をしながらタピオカ入りドリンクを提供している「タピオカ屋」。川村は、お客様からの評判をポジティブに捉えるとともに今後の課題を語った。

「今、来てくれているお客様は、高校生や仕事帰りのフライトアテンダントの方が多いです。お客様からは「頼むから潰さないでくれ」と嬉しい言葉をいただくこともあり、とても励みになっています。一方で、交通の便が少し悪いこともあり、新規のお客様に来店していただくことが今後の課題と捉えています。」

店舗に立ち続ける理由を続けて語った。

「店舗に立つことで、自分の商品がどういうものか良く分かります。お客様から生の声をいただき改善を重ねる事ができます。アルバイトを採用し任せてみると、卸しているチェーン店の気持ちが分かります。チェーンにとって、誰でも簡単に作ることができるということは、品質のばらつきを抑えることにつながります。お客様目線を忘れず、商品を改善し続けるためにこれからも店舗に立ち続けたいと思います。」

多くの壁にぶつかりながらも、タピオカの国内販売を行ってきた川村。

20年前に初めてタピオカを食べた時の感動を忘れず情熱を胸に、美味しいタピオカを提供している。「まだタピオカの食感を知らない方にも届けたい」「変わらずファンでいてくれる一人一人のお客様の笑顔」が見たいから今日も糀谷の「タピオカ屋」に立ち続けます。一杯一杯に感謝の気持ちを込めて。

※お知らせ※

開店1周年記念として2022年12月10日(土)11日(日)に先着100名様にタピオカミルクティー(冷)を100円で販売いたします。

ーーーー各種URLーーーー

アクセス:https://www.tapiocaya.net/access.html

Instagram:https://instagram.com/tapiocaya2020?igshid=YmMyMTA2M2Y=

行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ