株式会社KADOKAWA
 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:夏野剛)は、角川まんが科学シリーズ 『こわ~い空想科学読本 人体発火のナゾを追え』を11月30日(水)に発売いたします。
 「こわ~い空想科学読本」は、角川つばさ文庫で大人気『ジュニア空想科学読本』の著者・柳田理科雄先生が原作・監修を担当される科学まんがシリーズです。学校の怪談や都市伝説などのおそろしい題材を扱いながらも子どもたちがワクワクするストーリーとなっており、読めばきっと誰かに話したくなる、いつの間にか科学が好きになる本として好評を博しております。
人のからだが突然燃え出す!? 「人体発火」や「隙間女」などの、こわ~い現象のナゾにいどむ!
角川まんが科学シリーズ
『こわ~い空想科学読本 人体発火のナゾを追え』
◆原作・監修 柳田理科雄
◆まんが フルカワマモる
◆発売日 2022年11月30日予定
◆仕様 四六判/144頁
◆定価 1,056円(本体960円+税)
◆ISBN  978-4041114858
【あらすじ】
 図書室の書架の、ほんのわずかな隙間から誰かがこちらを見ている!?(隙間女はどこにいる?)、マスクが一般化した昨今、都市伝説の代表格・口裂け女は見分けられるのか!?(口裂け女をさがせ)、人がいきなり燃えあがる!?(人体自然発火)など7編を収録。シリーズ第1弾『呪われた科学者登場!』で現れた「赤マントの怪人」と至仁神(通称:死神)先生の対決からも目が離せない!
▲「重くなる人形」をはじめ「隙間女」や「トンカラトン」など、おなじみの学校の怪談や都市伝説が次々に登場。至仁神先生は、「人形」の重さの変化を分析したり、「隙間女」の居場所を計算したり、科学的な態度で怪奇現象にいどみます。
2冊買って応募しよう!! 冬の空想科学キャンペーン実施中!
 『こわ~い空想科学読本 人体発火のナゾを追え』と『ジュニア空想科学読本25』の発売に合わせ、抽選で15名様に図書カードNEXT5,000円分が当たる「冬の空想科学キャンペーン」を実施いたします。
<対象書籍>
角川まんが科学シリーズ『こわ~い空想科学読本 人体発火のナゾを追え』(発売中)
角川つばさ文庫『ジュニア空想科学読本25』(2022年12月14日発売予定)
<応募方法>
対象書籍2冊の応募券を郵便はがきに貼ってご応募ください。
<応募締切>
2023年3月31日(金)当日消印有効
※詳細はキャンペーン帯をご覧ください。
『空想科学のつめ合わせ!~気になるシリーズ一気読み~』2022年12月14日公開予定!
 『ジュニア空想科学読本』『こわ~い空想科学読本』『空想科学学園』のお話が無料でまとめてためし読みできる、『空想科学のつめ合わせ!~気になるシリーズ一気読み~』が2022年12月14日に公開予定です。気にはなっていても読んだことがなかったシリーズを、ぜひこの機会にご覧ください。
「空想科学のつめ合わせ!」☚検索
監修者紹介
柳田理科雄(やなぎだ りかお)
 1961年鹿児島県種子島生まれ。東京大学中退。学習塾の講師を経て、96年『空想科学読本』を上梓。99年、空想科学研究所を設立し、マンガやアニメや特撮などの世界を科学的に研究する試みを続けている。明治大学理工学部の非常勤講師も務める。
 「空想する心と科学する心を育んで欲しい」と様々な切り口で科学の楽しさを伝え続けている。
「こわ~い空想科学読本」詳細ページ
https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/kowaku/
角川まんが学習シリーズ 公式サイト
https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/
■会社概要
会社名  :株式会社KADOKAWA
設立   :2014年10月
代表取締役:夏野 剛
所在地  :東京都千代田区富士見二丁目13番3号
事業内容 :総合エンターテインメント企業として、出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、MD、インバウンド関連などの幅広い事業を展開。ABW(Activity Based Working)を含めたデジタルトランスフォーメーションの推進により、IP(Intellectual Property)の安定的創出と世界への伸展を中核とした「グローバル・メディアミックス」戦略を実践。
URL   :https://www.kadokawa.co.jp/