ベトナム航空 日本支社
~東京メトロ 丸ノ内線 東京・銀座・新宿駅ホーム内M Station Visionにて広告ムービーも同時展開~
ベトナム航空(日本支社 所在地:東京都千代田区、日本地区総支配人代理:ゴー・シー・アイン)は、2022年12月12日(月)から12月26日(月)までの15日間、ベトナムへの観光促進と同社プロダクトのプロモーションの一環として、東京メトロ 東西線(1編成10車両)のトレインジャックを実施いたします。
また、東京メトロ 丸ノ内線 3か所の主要駅ホーム内M Station Visionにて、2022年12月1日より1カ月間
ベトナムの観光情報と同社プロダクトの広告ムービー発信も行います。
トレインジャック 概要
・ 実施期間: 2022年12月12日(月)~12月26日(月)15日間
・ 実施車輛: 東京メトロ 東西線(1編成10車両)
・ 運行路線: 中野駅~西船橋駅区間/東京メトロ 東西線区間およびJR中央・総武線、東葉高速鉄道線乗り
入れ区間
※本件に関する東京メトロ、駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。
※期間中、運行状況・ダイヤの乱れ等の影響により、予告なしに運休となる可能性がございます。
【同時展開!】東京メトロ 主要駅での動画広告 概要
・ 実施期間: 2022年12月1日(木)~12月31日(土)1ヵ月間
・ 設置駅 : 東京メトロ 丸ノ内線 東京・銀座・新宿駅ホーム内M Statin Vision
・ 広告内容: 1.ベトナム観光地情報、2.同社プロダクト情報
・ 放映時間: 各ムービー15秒、1時間あたり約20回程度の放映を想定(6:00~23:00)
<ベトナム航空について>
ベトナム航空(スカイチームアライアンスメンバー)は、1993年にベトナム国営航空会社として設立しました。
新型コロナウイルス感染症拡大前までは、国内22、海外29の就航都市に計95航路を有しており、一日当たり平均400フライトを運航しておりました。
新型コロナウイルス感染症の影響が拡大する中、2021年7月に英国の航空会社評価機関であるSKYTRAX社の新型コロナウイルス感染症対策に関する評価「COVID-19 SAFETY RATING」において、最高レベルの評価基準5スターを世界で9番目の航空会社として獲得をしております。また、最新鋭のボーイング787-9ドリームライナーとエアバスA350-900XWBを運航し、サービスに重点を置くとともにSKYTRAX社より4年連続で4つ星エアラインの認定を受けております。
今後は、ベトナムの伝統文化がトレードマークの現代的な航空ブランドとして、世界的な知名度を確立することで、アジアトップクラスの5つ星エアラインとなることを目指しています。
https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home